JavaScriptの変数について

Pocket

タイトルの通りのメモ

変数の指定はvarが必要。(多分variablesの略)

hogeという変数名にpiyoっていう値を入れるなら

var hoge = 'piyo';

ちなみにシングルクォーテーションじゃなくてダブルクォーテーションでもよさそう。

変数を入れる時だけに限らず文末にはセミコロンを付ける。

変数に数値を入れるなら。

var hoge = 3;

Javaとかだと変数を指定する前に、その型を指定する必要があるけど、JSでは必要ない。

こういうのを動的型付けというらしい。

JavaScript変数の型

  1. Number: 数値の型。浮動小数もこれ
  2. String: 文字列の型
  3. Boolean: 真偽値、TrueかFalseのやつ
  4. Undefined: その変数に何も入っていない状態のやつ。
  5. Null: 存在しないやつ

変数についての注意点

  • 使えない文字列がある。

例)function, deleteなど

  • 変数名は数字で始めるとエラーになる

例)123, 3hoge

  • /など変数名に使えな記号がある。