A Place, Dark & Dark-永遠の終わりまでYESを-/Poet-type.M【アルバム紹介】

Pocket

こんにちは、まんぼうです。

今回はもう三年くらい前に販売されたものですが、私の大好きなCDを紹介したいと思います。

タイトルにもある通りPoet-type.MのA Place, Dark & Dark-永遠の終わりまでYESを-です。

これは春夏秋冬の各一枚ずつ、四枚のCDで構成された物語なのですが、その中の通称冬盤を今回は紹介しようと思います。



始めに

Poet-type.M-ホームページ

Poet-type.M-Twitter

A Place, Dark & Dark四部作

このA Place, Dark & Darkという作品は、夜しかない町というコンセプトで一つの物語が展開していきます。

amazonはこちらから

楽天はこちらから
★CD/Poet-type.M/A Place,Dark&Dark-観た事のないものを好きなだけ-
★CD/Poet-type.M/A Place,Dark&Dark-ダイヤモンドは傷つかない-/PTM-1031
★CD/Poet-type.M/A Place, Dark & Dark -性器を無くしたアンドロイド-/PTM-1032
A Place,Dark&Dark-永遠の終わりまでYESをー 第四章ー冬ー [ Poet-type.M ]

1_ もう、夢の無い夢の終わり(From Here to Eternity)
2_ 氷の皿(Ave Maria)
3_ 接続されたままで(I can not Dance)
4_ 快楽(Overdose)
5_ 「ただいま」と「おやすみ」の間に (Nursery Rhymes ep1)
6_ 永遠の終わりまで、「YES」を(A Place, Dark & Dark)

この物語の最終章です。

個人的には四枚の中で最も思い出深いアルバムです。

一曲目はこの物語の着想に至った曲だそうです。もともとはこの曲で四枚のアルバム全てを締めくくる予定だったそうですが、色々考えて変わったそうです。
これ以上ないくらいに美しい曲だと思います。

二曲目のは上に貼ったYouTubeに上がっているPVの曲です。
これも美しい曲です。イントロのサウンドがまさに氷を表現しているようでメロディーもそれに応じて寒さと美しさを感じる曲です。

三曲目は陰鬱とした雰囲気のある曲です。正直最初に聞いたときは冬なのかな?とも思いましたが何度か聴いているうちになんとなく冬の雰囲気を感じました。

四曲目もまた陰鬱さの中に刺々しさがあるというか、特殊な曲だと思います。

五曲目、前の三枚のアルバムと同様にサブタイトルにNursery Rhymes(和約すると’童謡’という意味)とあり箸休め的な一曲だと思います。
途中の語りが物凄く印象的な曲だと思います。Nursery Rhymesというタイトルにふさわしく童謡のような曲だと思います。

六曲目は言わずもがなでこの物語全体の締めくくりの曲です。
なんというかこの曲はこのA place Dark & Dark四部作を聴いたうえで聞いてほしいです。
この曲の後半部ではこの人の今までの曲の様々な過去の曲が部分部分で重なり合っています。ちなみに私は初めてCDで聴いたときここで鳥肌が立ちました。


A Place,Dark&Dark-永遠の終わりまでYESをー 第四章ー冬ー [ Poet-type.M ]

最後に

いかがでしょうか。

これでこのA place Dark & Dark四部作の紹介が終わりました。

とにもかくにも聞いてみて欲しいという思いが何よりも強いです。

まずはYouTubeで、Spotifyに登録しているのならSpotifyで、他のストリーミングサービスを使っているのならそこででもいいので是非聞いてみて欲しいです。

それではまたー。