A Place, Dark & Dark-ダイヤモンドは傷つかない-/Poet-type.M【アルバム紹介】

Pocket

こんにちは、まんぼうです。

今回はもう三年くらい前に販売されたものですが、私の大好きなCDを紹介したいと思います。

タイトルにもある通りPoet-type.MのA Place, Dark & Dark-観た事のないものを好きなだけ-です。

これは春夏秋冬の各一枚ずつ、四枚のCDで構成された物語なのですが、その中の通称夏盤を今回は紹介しようと思います。



始めに

Poet-type.M-ホームページ

Poet-type.M-Twitter

A Place, Dark & Dark四部作

このA Place, Dark & Darkという作品は、夜しかない町というコンセプトで一つの物語が展開していきます。

amazonはこちらから

楽天はこちらから
★CD/Poet-type.M/A Place,Dark&Dark-観た事のないものを好きなだけ-
★CD/Poet-type.M/A Place,Dark&Dark-ダイヤモンドは傷つかない-/PTM-1031
★CD/Poet-type.M/A Place, Dark & Dark -性器を無くしたアンドロイド-/PTM-1032
A Place,Dark&Dark-永遠の終わりまでYESをー 第四章ー冬ー [ Poet-type.M ]

1_ バネのいかれたベッドの上で(I Don’t Wanna Grow Up)
2_その自慰が終わったなら(Modern Ghost)
3_ 窮屈、退屈、卑屈(A-halo)
4_ 神の犬(Do Justice To?)
5_ 瞳は野性、星はペット(Nursery Rhymes ep2)
6_ ダイヤモンドは傷つかない(In Memory Of Louis)

この物語の第二部です。

ちなみにネットなどの評価が一番高いアルバムだったりもします。

一曲目のバネのいかれたベッドの上で(I Don’t Wanna Grow Up)はリズミカルなドラムが特徴的で踊りだしたくなるような楽し気な曲です。

二曲目のは上に貼ったYouTubeに上がっているPVの曲です。刺々しい歌詞でありながらどこかポップな感じの曲調で、でもどこかひねくれている雰囲気も持っている曲だと思います。

三曲目はドラムが印象的な曲です。個人的な印象としては二曲目と似ていると思います。

四曲目はファンの中でもかなり人気の曲で、私自身大好きな曲です。ピアノの綺麗なサウンドが特徴的で、さらにダブルドラムというとても豪華な組み合わせで曲もそれに相応しいくらい壮大なメロディーを持っている曲です。

五曲目、春盤同様サブタイトルにNursery Rhymes(和約すると’童謡’という意味)とあり箸休め的な一曲だと思います。これまでの四曲はポップな雰囲気は若干ありながらもどこか重い雰囲気があった一方で、この曲はただただた楽しそうで幸せそうな曲だと思います。

六曲目はまさに夏の終わりという雰囲気のある曲です。このアルバムがリリースされてから夏の終わりにはよく聴いています。綺麗なバラードで別れを思わせるような曲です。


★CD/Poet-type.M/A Place,Dark&Dark-ダイヤモンドは傷つかない-/PTM-1031

最後に

いかがでしょうか。

上手くこのアルバムの良さが伝えられている自信がありませんが、とりあえず聴いてみて欲しいなー、と思います。

それではまたー。